豊胸手術終了後、乳首や胸近辺でしびれを・・・

【豊胸手術の現状】

当然なんですが、どのような豊胸手術であっても、手術である以上リスクが伴います。

例えば、バックの中身もハイドロジェルバッグやコヒーシブシリコンバッグといった新しい素材が出回っていますが、それらの安全性はまだ確定していないのが現状です。

アメリカでは、コヒーシブ・シリコンバッグの希望者は、どのような問題が起こるかは不明であることを承認した上で、臨床実験に参加する条件で手術することに同意するサインをした後、指定された美容外科医により手術されることになっています。

但し、日本では医師の裁量でどんな素材も体内に入れることが許されています。

知ってましたか?

ですから本当に注意が必要なんです。

もし、手術に踏み切る場合は、医師からきちんとした説明を受ける必要があります。

プロテーゼにしても、日本で製造は許可されていません。
医師が個人輸入でしていることもあります。

また、ヒアルロン酸、中国製のアメージングジェルという商品を使った豊胸手術は日本の学会で認知されていませんので更に注意が必要です。

【脂肪注入法の後遺症】

脂肪注入法の場合、自分の脂肪を使うことで拒否反応の問題はなくなります。

また、注射器で注入するため、感染する可能性もプロテーゼを挿入する場合より
低くなります。したがって、後遺症の可能性はかなり少なく、安全といわれます。

しかし、この方法でバストをそれなりに大きくするにはかなりの脂肪が必要です。
吸引する脂肪の量より注入する脂肪の量が少なく、体内に入っても生着する量は
さらに少なくなるんです。

生着する率を上げるには、一箇所に多くの脂肪を固まらせないようにしなければならないわけですが、それでもある程度生着しない脂肪が出てきます。

基本的には溶けてしまって排出されるといわれますが、上手く排泄されないと、カルシウムが沈着してしこりになったり、壊死した組織にカルシウムが沈着してしまって石灰化したり、脂肪周囲の壊死や吸収された組織、あるいはその部位にキズができて硬い組織になる繊維化がおこってしまいます。

すると、乳癌との区別がつきにくくなってしまいます。
癌の早期発見には妨げになるかもしれません。
ある医師は100cc前後の豊胸ならば、効果があるといっていますが、上で述べたような合併症も存在していることは憶えておいてください。

【プロテーゼの後遺症】

後遺症としては、微熱が続いてだるい、発疹が出る、関節が痛む、という身体的な問題やうつなどがあります。

また、もっと直接的なものとして、プロテーゼが破れたりしぼんむことによる しこりや違和感、局所の痛み、発赤、胸の変形がありました。

プロテーゼを長期間入れていると、それに反応して周囲の組織が変形します。


後、こんな事もありました。


【バストの痺れ】

手術終了後、乳首や胸近辺でしびれを感じることがあり、時間がたつにつれて普通は感覚が戻ってくるのですが、 痺れがおさまらないケースも多々見てきました。完全に感覚が戻ってくるまでに長い人は半年〜1年ほど時間がかかってしまうこともありました。
【腫れ】

手術を受ければ、切開部分は大抵腫れを伴います。
プロテーゼを挿入する手術も例外ではなく、かなり腫れます。

腫れる前に圧迫すると大分違うので、手術の終了後意識が戻った時点で、バストバンドまたは包帯で固定し、バストを正しい位置にキープしたり、内出血をできるだけ減らす役割で行いますが、それでも内出血が激しいケースもありました。この場合は触ると痛みを伴い、腫れます。


豊胸手術とは、良いことばかりではなくて、実際には肉体的にも精神的にもこんなに負担がある事を理解して頂けたらと思います。


何か話しが重くなってしまいましたが、これは全て真実なんです。

豊胸手術をお考えの方は、以上を踏まえて、もう一度よく考えてみられる事を、商材の販売者としてではなく、豊胸アドバイザーとしてお薦めします。


あなたも偽者の胸ではなく本物のご自分の胸で
美乳を手にいれる方法を考えてみませんか?

その参考として、私が実践し、203名のモニターの方が1日15分間で2カップアップした、誰でも簡単にできるメゾットがお役に立てれば幸いです。



>>2カップアップ!メスを使わないで、
>>胸を大きくしたい方はこちらをクリック







バストアップ方法を。。。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。